プロフィール

Uncategorized

初めまして。タカと申します!

この度は私のブログをご覧いただきありがとうございます。
現在は大学に通いながら社会人リーグでプレーをしており、Jリーガーになるために日々活動中です。 

このブログでは少し特殊な経歴を持つ筆者の怪我や挫折、失敗、学びや経験を通してどのように乗り越え成長してきたか、僕自身が経験してきたサッカーが上達するために役立つヒントを発信していけたらと思っています。

筆者の経歴

簡単に私自身の経歴や実績についてお話させていただきます。

私は小学3年生からサッカーを始め、都大会で優勝を経験。最終学年の際はキャプテンも経験しました。
ただジュニアユースのセレクションではJリーグの下部組織を中心に受けて回りましたが最終選考まで残るも不合格が続き、最終的には地元の街クラブに入団しました。

ジュニアユースでは一年の際にサッカーをするには人数が足らないというまさかの状況だったということもあり、一年生時はフットサルの活動をメインに行っていました。
そのフットサルでは都大会で準優勝。フットサルの東京都選抜などにも選出されました。
2年時には人数も増えサッカーの試合ができるようになり、地区リーグでは得点王になることができました。

そしてそれらの実績が評価され、小学生の時には不合格で入団することできなかったJリーグの下部組織のクラブに引き抜かれ、異例の途中加入を果たしました

あまりの環境の違いになじむのに時間はかかるもレギュラーに定着することができました。
ただ最終的にはユースへの昇格は叶わず、親元を離れ強豪校へ進学すること決意。

高校では県の国体メンバーに選出されたりするも、総勢170名を超える部員の中で怪我を重ねるうちに埋もれていき、一番下のカテゴリーまで経験しました。ただ最終学年ではいきなりBチームへ、そこで結果を残し、トップチームへ昇格することに。県一部リーグでは前期終了の段階で得点王に。トップサブ中心で臨んだ関東大会では2ゴールでチームトップタイ関東大会優勝に貢献。インターハイにも出場し、冬の全国高校サッカー選手権で優勝を経験をすることができました。


大学もスポーツ推薦で進学しました。一年生時にIリーグというトップに絡めない選手が出場するリーグ戦では5試合で6ゴールと単独得点王になり、トップチームへ参加するも怪我をしてしまい、結局トップチームで一度も公式戦に出場することなく挫折。

大学を休学し海外、ドイツへのサッカー留学を決意
日本での手続きが遅れてしまい、出遅れるも5試合に出場し、1ゴール2アシストと最低限の結果を残すもロックダウンで中断し結局そのまま再開することなくリーグが終了してしまう。

チームからは倍の契約延長オファーや、代理人経由で対戦した複数のチームからもオファーを頂きましたが、コロナの影響もあり、帰国を決断。

帰国後、コロナの影響もあり練習参加の受け入れをしてもらえず半年以上無所属で活動していました。
そしてチームがきまり昨年のリーグではチームとしては目標であった残留、個人としても唯一の全試合スタメン出場、チームの総ゴール数の3分の1に関与することができました。

ただそのリーグ終了後すぐに大怪我をし、現在もリハビリを続けています。

記事にしていくこと

経歴や実績を見て頂ければわかるように少し変わった経歴、経験をしてきました。

小学生時代はCBでドリブルのドの字も知らなかった自分がなぜ今は最も自信のあるストロングになったのか、サッカーとフットサルの両立、街クラブとJクラブの違いを肌で感じ、高校時代は三年で唯一、一番下から上までのカテゴリーをすべて経験、全国優勝、海外留学、度重なる負傷、同期や先輩後輩はJで活躍する選手ばかり。


そんな僕ならではの感じてきたことや経験、そして現在もプロになるため様々な分野のスペシャリストにパーソナルトレーニングをしていただいており、それらの学び、取り組んできたトレーニングについて言語化し、

  • プレー経験の少ない方
  • サッカーが上手になりたい小中高生

という方々にテクニック、フィジカル、メンタルと様々なベースの部分から上達するための役に立つ記事を届けられたらと思っております。

そして最終的に

  • 読むとサッカーの理解度、上達のスピードが上がる
  • 指導者や保護者の方々も参考になる

というようなブログにできればと思っております

最後に

僕自身現在もプロを目指しており、どうやったらプロになれるか、そのためにどこをどのように伸ばし、またどのように改善をしていくかについて日々試行錯誤を繰り返す毎日です。

サッカーに正解はありません。これをやればプロになれるというものは存在しません、なので常に最適解を探し続けることが大切です。
今なにをすべきか、なにが足りないのかを常に考え、学び続けそのうえでトレーニングを積み重ねていき、その結果を振り返り次に繋げることの繰り返しです。サッカーのことはもちろん、サッカー以外の競技やビジネスについて学ぶことで新しい見方や考え方に触れ自分の可能性を広げることも重要になります。

最適解を探す意味でも、とにかくいろいろな情報や知識、思考を知ることはとても大切です。
これまで自分が感じてきた悩みや不安をどう乗り越えてきたのか、同じ悩みを持つ選手や保護者や指導者の方々の悩みを解決することにもフォーカスしつつ、これまでの経験や学んだ知識を活かして、サッカーが上達するような内容のものを発信していき、より楽しいサッカー人生の手助けになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました